ロウタス法律事務所 セカンド・オピニオン

1 セカンド・オピニオン相談って、何ですか?

もう弁護士に頼んでいる、または、依頼はしていないけど弁護士に相談している人が、他の弁護士の意見も聞いてみることです。
医療の世界では、かなり浸透している制度です。

2 セカンド・オピニオン相談は、何の役に立つの?

大きく分けると、3つあります。

①色々な意見を聞いて、「後悔しない・納得できる」選択ができる

相続の事件では、解決するまでに、決めなければいけないことがたくさんあります。しかも、それぞれの場面で、選択の幅が広かったり・複雑だったりして、選択が難しいことがあります。
相続の事件は、依頼する弁護士によって、進め方・結果が変わることが多い事件です。言い換えると、同じ事件でも、弁護士によってアドバイスの内容が違います。
一生に一度か二度の大事な事件です。
「色んな意見を聞いて、後悔しない、一番いい進め方をしたい」とお考えの人には、ロウタス法律事務所のセカンド・オピニオン相談がお役に立てます。

②現在依頼している弁護士が、何をしようとしているかを、理解できます。

ロウタス法律事務所にセカンド・オピニオンを聞きにこられる方によくあるのが、
「今の弁護士に、こうするように言われているが、どうしてそのような進め方をしているのか、理由がわからなくて不安。」というケースです。
弁護士は、普段から難しい法律の言葉を使って仕事をしているので、「頼んでいる弁護士の説明が、難しくて、よくわからない。」ということは、よくあります。
わからないことは、その弁護士に聞けばいいのですが、ほとんどの方は弁護士に依頼するのは初めてなので、「頼んでいる弁護士にアレコレ聞くのは、先生に嫌がられそうなので、聞けない。」と遠慮する方も多いです。
そんな方は、ロウタスのセカンド・オピニオン相談をご利用ください。
多くの人が「今の弁護士が何をしようとしているか、とてもよくわかって。安心した。」と喜んでいます。
今の弁護士とより良い関係を気付くために、セカンド・オピニオン相談が役に立ちます。

③弁護士選びの材料になります。

相続事件は、依頼する弁護士によって、進め方や結果が違うことが多い事件です。
弁護士と依頼者では、知識に大きな差があるので、弁護士に依頼した後で、依頼者が弁護士を説得して方針を変更させるのは、事実上無理だと思います。
例えていえば、依頼者が弁護士を説得するのは、患者が医者に向かって「先生のやり方より、患者の私の方法で治療すべきです」と医者を説得するようなものです。
このように、依頼した後は、依頼した弁護士の方針で事件が進みます。
でも、法律の知識が無くても、依頼する前に比べれば、「誰が自分にとって良い弁護士か」を判断することは出来ます。
例えば、同じ病気・ケガで、何人かの医者の診察を比べれば、素人の患者でも、「この先生のほうが、経験も知識も豊富で良さそうだ」という判断はできます。
弁護士も同じです。
同じ事件で、何人かの弁護士の相談を受ければ、どの弁護士が一番自分に合っているかは、大抵わかります。
あなたのトラブルで、より良い解決をしたいのなら、一番大切なのは、「どの弁護士に頼むか」です。
弁護士選びで迷っている人は、ロウタスのセカンド・オピニオン相談をご利用ください。

3 セカンド・オピニオン相談を受けられる方へ

①(重要)事件の内容、今の弁護士の処理内容がわかる書類をお持ちください。

セカンド・オピニオン相談に来られる方は、事件の内容・相手の言い分・今の弁護士がやっていることを、正確に理解できなくて来られることが多いです。
そうすると、今どのように事件が進んでいるかを、私達が皆様から説明されても、説明の内容が間違っていて、正確なアドバイスができないことがあります。
せっかく時間と手間をかけてセカンド・オピニオン相談を受けても、説明が間違っていては、正確なアドバイスを受けられずに、かえってマイナスになるかもしれません。
そのため、事件に関係する書類(頼んでいる弁護士が作った書面、相手から来た書面、証拠・資料)をなるべくたくさん持参してください。
私達弁護士が、書類を確認しながらお話を伺って、「今、何が起こっているのか?」を正確に理解した上で、わかりやすく説明させていただきます。

②秘密は厳守します。

セカンド・オピニオン相談をされる方の中には、「他の弁護士に相談していること」を今の弁護士に知られたくないという人が多いかと思います。
みなさんがロウタスのセカンド・オピニオン相談を受けられたことは、誰にも伝えませんので、安心して相談してください。

③弁護士を代える必要はありません。

セカンド・オピニオン相談は、弁護士を代えるための相談ではありません。
セカンド・オピニオン相談を受けたからといって、ロウタスに弁護士を代える必要はありません。
お気軽に利用してください。

お申込み方法は3通り

セカンドオ・ピニオンの相談は、申込み方法問わず、初回1時間までは無料です。
料金についての詳細は「サービス内容と料金」をご確認ください。

主な対応エリア

※エリア以外の方も対応させていただく場合があります。個別にご相談ください。

相続相談対応エリア東海地区

愛知県 <尾張地方>
名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

愛知県 <三河地方>
岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

岐阜県
岐阜市、羽島市、各務原市、瑞穂市、岐南町、笠松町、大垣市、神戸町、輪之内町、安八町、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市

三重県
桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市

相続相談対応エリア関東地区

東京都(23区)
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区

東京都(多摩地域)
西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、東村山市、国分寺市、府中市、稲城市、東大和市、立川市、国立市、多摩市、町田市、日野市、昭島市、武蔵村山市、福生市、八王子市、羽村市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、日の出町

神奈川県
川崎市、横浜市、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、三浦市、大和市、綾瀬市、藤沢市、座間市、海老名市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、愛川町、厚木市、伊勢原市、平塚市、

埼玉県
さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、所沢市、入間市、狭山市、川越市

千葉県
浦安市、市川市、松戸市、流山市、野田市、船橋市、鎌ヶ谷市、柏市、我孫子市、白井市、八千代市、習志野市、八千代市、印西市、千葉市、四街道市、佐倉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、八街市、酒々井町、成田市、栄町、富里市