修習生の方へ

所長弁護士より

ロウタス法律事務所の所長の高橋です。
この度は、当事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
このページでは、私からの事務所説明と、勤務弁護士のメッセージを載せておりますので、ご参照いただければ幸いです。

1.事務所の方針

当事務所には、現在6人の弁護士が在籍しており、今年も含め、今後も弁護士を順次増員していく予定です。
当事務所は、「相続と知的財産権のナンバーワン事務所」を目指しており、弁護士を増やす理由は、当事務所の得意分野である相続事件と知的財産事件の専門性を高めるためです。
また、当事務所は「複数の事務所の法律相談を受けて、当事務所を選んだ方に依頼していただく」という方針をとっています。
「他の事務所と比べて選ばれる事務所となり、また、そうあり続ける」ために、絶えず専門性を高めることを怠りません。

2.取り扱い事件

相続事件と知的財産権事件がほとんどです。なお、相続事件と知的財産権事件では、数としては圧倒的に相続事件が多くなります。

3.事件処理の方針

依頼者に「安心」、「納得」、「結果」を与える事務所であることを目的としています。
「安心」とは、専門知識が豊富な弁護士が、依頼者・相談者の現在の状況を的確に説明し、また、将来起こりうることをわかりやすく説明する事により、依頼者が安心することです。
「納得」とは、価値観は依頼者それぞれにより違うため、事件の処理内容・相手方の主張の分析と説明、裁判所の意向の分析と説明を的確かつ丁寧に行い、さらに、豊富な事件処理経験に基づき、依頼者の選択によって生じるメリット・デメリットを金銭面・感情面等様々な観点から説明し、事件処理における選択を依頼者が「納得」して行うことができる事件処理をすることです。
「結果」とは、弁護士の知識・経験不足により結果が得られないこと、言い換えれば「他の事務所に頼んでいれば、もっといい結果が出た」ということのないよう、豊富な専門知識と経験をもって事件処理にあたるということです。

4.勤務弁護士の育成について

(1)事件処理を通じた育成
全ての事件について、事件の処理状況が詳細に記録・共有されており、担当者弁護士でなくても事件処理状況の詳細が把握できます。
新人は、先輩弁護士と二人一組で事件処理をします。
所長が進行状況を見て、適宜指導します。
弁護士会議(事件処理用)で、進行状況のチェックと、方針の検討を行います。
全員が同じフロアにいるので、いつでも質問・相談ができます。
(2)弁護士会議(研修用)による知識・ノウハウの共有

当事務所では、弁護士全員が参加する会議を週2回行います。1回は進行中の事件処理用、もう1つは所内研修用です。
研修用会議では、
① 終結事件の報告と検討、② 相続に関する最新判例のレポートと検討、③ 受講した研修やセミナーの報告と検討、④ 提携する税理士事務所スタッフとの意見交換・質問会等、所内の弁護士の能力アップにつながる様々な取り組みを行っています。

5.ロウタス法律事務所に就職することのメリット・デメリット

(1)メリット

ア 相続・知的財産事件特有のノウハウが速く習得できる
同種事件を短期間に大量に繰り返し処理するので、まんべんなく色々な事件を行う場合よりも、ノウハウの取得は速くなります。

イ どの事件にも共通する事件処理能力も速く身につく
事件処理に必要な弁護士の能力は、基本的にはどんな事件でも共通するものであり、そこに専門事件特有の知識とノウハウを加えたものが、専門事件の処理に必要な能力です。当事務所では、「他の事務所に負けない」事件処理を行うことを公言していますので、絶えず緊張感と向上心をもって事件処理にあたっています。
そのため、当事務所の勤務弁護士を見ている限り、相続・知的財産事件特有のノウハウだけでなく、どの事件処理にも共通して必要になる能力についても、比較的速く身についていると自負しています。

(2)デメリット

例えば、交通事故事件、医療過誤事件など専門性を要する他の事件特有のノウハウは、身につけにくいと思います。

6.所長から一言

私は、「職業の間に貴賎(一流と三流)は存在しないが、職業の中に貴賎の差は存在する。」と考えています。
勤務弁護士の先生方とは、事ある毎に
「弁護士になったことに満足せず、せっかく弁護士になったのだから、より一流の弁護士になれるように頑張り続けよう。」と話し合って、切磋琢磨しています。
こう話すと、事務所内がピリピリとしているように思われるかもしれませんが、勤務弁護士の先生方は、皆、内には強い向上心とプライドを持ちながらも、人当たりは穏やかで、人格的にバランスのとれた人ばかりです。
「先生に事件を依頼して本当に良かった。」と依頼者に心からの感謝をしてもらえたときの充実感は格別です。当事務所では、向上心がある修習生を心から歓迎いたしますので、当事務所への就職を是非ご検討下さい。

枩藤弁護士より

はじめまして。62期の弁護士の枩藤朋子(まつふじともこ)です。
このたびは、ロウタス法律事務所に興味を持っていただきありがとうございます。

私は、弁護修習中の指導担当の先生から、ロウタス法律事務所を紹介していただいた縁でロウタス法律事務所に入所し、今年で7年目になります。
7年目ともなると、同期のほとんどが独立開業しているのですが、私は、ロウタス法律事務所が好きなので、所長から辞めてくれと言われるまでは、ここで仕事を続けたいと思っています。
そんな私からみた、ロウタス法律事務所のいいところをご紹介したいと思います。

私にとって、ロウタス法律事務所の魅力は「高橋先生と一緒に仕事ができること」。これに尽きます。

私は、弁護士という仕事は職人の仕事だと思っています。
依頼される事件には、一つとして同じものはなく、マニュアルも正解も存在しません。
ですので、能力を高めるには本を読むだけでなく、腕の良い親方の下で修行して親方の技術を盗むのが一番だと思います。

依頼者からのヒアリング能力、資料から事実を見つける能力、事案全体の戦略立案能力、相手の主張・立証の落ち度を発見する能力、説得力ある書面を書く能力、依頼者等への説明・プレゼン能力、私達勤務弁護士に対する問題点の指摘と指導能力etc、どれをとっても、高橋先生の弁護士としての能力はトップクラスで、7年たった今でも学ぶべきことががたくさんあり、いろいろな刺激をうける毎日です。

仕事ぶりを身近でみることができるだけでなく、私は、いまだに高橋先生に書面を見てもらい、修正してもらっています。
自分が100点だと思っていた書面が、書きなおされて何倍もよい書面になるというのは、本当に本当に本当に悔しいですが、目標とすべきひとから、直接教えてもらえる機会があるのは、ありがたいことですし、悔しさをばねに、自分自身の能力が飛躍的に向上したことを実感しています。

また、高橋先生は、自分に対してはとても厳しく一切妥協しませんが、所員に対しては、いつも穏やかで優しく、ミスをしたときも感情的に怒ることなく一緒に対策を考えて必ず何とかしてくれる理想的な上司です。
仕事には、当然プロとして結果が求められますので、ストレスを感じることも多いですが、幸い、私は、「上司」との関係でストレスを感じたことはありません。

法律事務所のカラーはボスの人となりで決まるといっても言い過ぎではないと思いますが、高橋先生は、弁護士としても、上司としてもとても魅力があり、いっしょに仕事をすることができて、私は、本当に幸運だと思っています。

ロウタス法律事務所に興味を持っていただき、たくさんの方に、当事務所への就職を検討してもらえると幸いです。

大村弁護士より

はじめまして。64期、入所5年目の弁護士の大村です。
当事務所は単に相続特化型事務所として、多くの相続事件を取り扱うだけでなく、絶えず弁護士の処理レベルの向上を目的として事務所システムの改善に取り組んでいるので、短期間で相続事件に関する高い処理能力を身に付けることができます。
こう説明すると、「ロウタスに入ると、相続しかできない弁護士になるのでは?」と心配する人もいるかもしれませんが、そのような心配はする必要は無いと思います。
実務を経験して感じたのは、「どんな事件であっても、事件処理において弁護士に求められる基本的な能力は同じ」ということです。言い換えると、「一般民事」と言われる事件の処理能力が低い弁護士は、専門性がある事件の処理もおぼつかないが、逆に専門性のある事件で高い処理能力を持つ弁護士は、一般民事といわれる事件でも高い処理能力を発揮します。実際、私自身、相続事件から派生した一般民事事件や、相続と全く関係ない一般民事事件を担当することもありますが、ロウタスにいることでハンデになったと感じたことはありません。

また、枩藤も書いていますが、所長の能力が高いので、「自分も頑張るぞ」といい刺激を受けます。先日、ある分野で非常に有名な弁護士の事務所に就職した友人に会いました。彼は、就職したときは、「有名な先生の事務所に入れてよかった。」と喜んでいましたが、先日会った際には「所長にがっかりした。」と言っていました。聞くと、「所長は確かに世間的にはあの分野では有名だけど、実は新しい判例や学説を全く勉強していないし、勉強しようともしないので、目標にできない」と言っていました。でも、ロウタス法律事務所では、そんなことはありえません。所長は事務所全体の事件の進行をチェックし、事務所の経営も行っていて本当に忙しいはずなのですが、起案を持っていくと、私の知らない新しい裁判例や論文を指摘されて、「これを参考に、こういう視点を加えて起案をやり直して」と注意されますし、また、「もうこれ以上書けない」と自信をもって起案を持っていっても「まだまだ、ここをこう突っ込める。」と私が気づかなかった戦略を示してもらえます。

こう書いてしまうと、何やらとてもピリピリした事務所と思われそうですが、実際、事務所の居心地はとてもいいです。全てのスタッフ(所長も)が同じスペースで机を並べており、所内では絶えずスタッフ同士が色々な話をしており、所内のコミュニケーションが密にとれているので職場の雰囲気は良いし、また、所長は結果を出しさえすれば、それ以外のことは気にしない人なので、勤務弁護士は皆、何の気兼ねも無く所長より先に帰宅しています。感情的に叱られたり、理不尽・不合理な命令をされることもありません。

是非、多くの向上心あふれる方のご応募をお待ちしております。

福田弁護士より

65期の福田智洋と申します。
4年目になりますが、今振りかえっても、当事務所に入所して、入所早々にボコボコに起案をたたきのめされ、実務を舐めてしまうことなく「このままじゃマズイ」と最初から危機感を持って仕事ができたのは本当に良かったと思います。
また、以前はあまり所長の凄さがわかっていませんでしたが、最近になって、所長と自分との力の差を実感することが多く、どうにかして所長に追いつきたいと思って頑張れることも、当事務所に入って良かったと思うことです。

例えば、相談や打ち合わせに入って依頼者や相談者に説明するときのことですが、私が説明するのと、所長が説明するのとでは、依頼者・相談者の納得感というか肚に落ちている感が全く違います。以前は、所長という立場がそうさせているのかとも思ったのですが、気になって注意していると、話の聞き出し方や説明の仕方が自分より全然上手だということがわかってきました。最近は、所長と同席できるときには、「今日は所長から、この説明をどうやって行うのか盗もう」と意識して同席し、次の単独の打ち合わせで「この前所長から盗んだこの方法を実践しよう」とテーマを持って日々の仕事に臨むことができます。

また、当事務所では、弁護士全員が「もっと一流の弁護士になる」という意気込みを持っているので、所長だけでなく、所員全員からいい刺激を受けます。先輩の弁護士を見て「自分も数年後にはあのレベルになっていなければいけない」と思うのは当然ですし、私のすぐ下は67期の二人ですが、この二人もメキメキと力をつけていると感じるので、油断をしていると追いつかれるのではないかと心配になることもあります。
私も、弁護士になって4年目に入りました。私が相続関係の案件を担当した件数は、同期の中でも突出して多いはずですし、それぞれの事件について、自分なりのこだわりを持って処理に当たっているため、相続分野の処理では同期に負けないと思っています。この点は、飽和状態だと言われている弁護士業界の中において、他に埋もれることなく自分をアピールしていくための大きな武器になるはずです。

そして、ゆくゆくは、同期に限らず、他のどんな弁護士にも負けないような実力をつけたいと思っているので、私としては、意識を高く持ち、ともに切磋琢磨していけるような方と仕事ができれば嬉しい限りです。多くの新人の方の入所を心待ちにしていますので、よろしくお願いいたします。

村田弁護士より

67期の村田です。
ロウタス法律事務所に入って1年が経ちましたが、本当にこの事務所に入って良かったと思います。今、私は、自分の同期の弁護士とそのボスが相手の代理人として担当する裁判を行っています。相手の書面は、私から見ても理論構成がおかしく、書証の読み込みも不十分で準備書面と証拠が噛み合ってないし、準備書面の記載そのものも文章が分かりにくくて何が言いたいのかよくわからないレベルでした。私がこんな仕事をしたら、私を指導する先輩弁護士が呆れてしまうレベルですが、何よりもゾッとしたのは、私が見る限り、その同期もボスの先生も、自分達の仕事のレベルに不安を感じずに自信をもって仕事をしていることです。指導してくれる所長や先輩弁護士の仕事に対する「これくらいやって、当たり前」のレベルが違うと、たった1年でもこれだけ差が出るんだと本当にびっくりしました。ちなみに、その事務所も、ホームページで見る限り、「多くの相続事件を解決している、相続が得意な事務所」と宣伝しています。

あまり身内を褒めるのは少し恥ずかしいのですが、ウチの事務所の先輩弁護士のレベルはかなり高いと思います。担当事件の処理をしていると、よく先輩弁護士から、「相手がこのように反論したら、その主張や立証では対応できない。」「私が相手の弁護士なら、ここを突いてくるから、それを想定して主張の組みなおしをしなさい。」と言われます。でも、実際には、多くの事案では、相手の弁護士が先輩弁護士の危惧していた点まで反論してくることは少なく、所長や先輩弁護士が想定していない反論をされたことは、まだ一度もありません。だから、相手の弁護士の仕事を見て、「事務所の先輩達よりデキル」と思ったことがありません。

また、当事務所の良い所は、先輩の指導が細かくて、新人でも安心して仕事ができることです。私は枩藤弁護士に指導を受けることが多いのですが、枩藤弁護士の机は私の机の隣に並んでいます。だから、本当に毎日何度も事件の進め方を相談することができるし、例えば、私が依頼者等に電話をした際にも、隣の席の枩藤から、進行等で気が付いたことをその場でアドバイスしてもらうこともあります。ちなみに、反対側の隣の机は、所長の机ですので、所長からも思わぬタイミングでダメ出しや指導が入ります。
外にも、当事務所では、弁護士ごとに担当事件と進捗状況を示す一覧表があり、毎朝これを見ると、どの事件から手をつけるべきか一目でわかるようになっています。また、この一覧表は、毎週月曜日の弁護士会議でチェックされるので、「事件を丸投げされて、どう進めていいかわからず、長期間担当事件が自分の下で放置される」ということもありません。

当事務所には、レベルの高く目標になる先輩弁護士と、新人でも安心して仕事ができる環境が整っていますので、一緒にレベルアップを目指す新人の方には、自信をもってお勧めできます。

久保弁護士より

67期の久保です。
私も、同期の村田と同じように、この事務所に入って良かったと思っています。

私が担当している事件の中に、期の近い弁護士が相手方の代理人になっている事件があるのですが、その弁護士は、請求原因の補充で半年も訴訟が空転するようなひどい訴状を提出し、その後の補充も穴だらけでした。その事務所は所長の評判があまり良くない事務所なのですが、本当に何の指導もチェックもしてもらっていないようです。
私は、大村の指導を受けることが多いのですが、こんな訴状を書いたら、当然大村から原型が無いほど起案を直されます。

また、私も1年間様々な事件を担当させていただきましたが、全て大村や他の弁護士が予め想定した範囲内で相手が反論し事件が進行しています。そのことからだけでも、当事務所の先輩弁護士のレベルが他の事務所に引けをとらないことがわかります。
大村を初めとする先輩の弁護士に追いつくだけでも大変そうですが、さらに所長に追いつくのはもっと大変そうです。私の起案をチェックするのは大村が多いのですが、所長も私の起案を直します。所長に起案を直されると、書面の説得力がものすごく高まっていて、私が書きたくても上手に書けなかった事が、すごく読みやすく書かれているので、同期の村田と「早くこういう書面が書けるようになろう。」と励ましあって頑張っています。

私は、修習生のときの就職説明会で所長から「どうせ弁護士をやるなら、一流の弁護士を目指そう。一緒に一流の弁護士になる努力を厭わない人の入所を歓迎します。」と言われて、ロウタス法律事務所を希望し入所しました。
だから、私も弁護士になった以上、一流の弁護士を目指して頑張ろうと思っていますが、そのためにはレベルの高い所長や先輩弁護士の揃ったロウタス法律事務所に入所して、日々刺激を受けて仕事をできることは本当に良かったと思います。

相続事件に興味があり、「これだけは他の弁護士に負けない」弁護士を目指している人には、ロウタス法律事務所は最高の環境だと思いますので、多くの修習生の応募をお待ちしています。

主な対応エリア

※エリア以外の方も対応させていただく場合があります。個別にご相談ください。

相続相談対応エリア東海地区

愛知県 <尾張地方>
名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村、半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

愛知県 <三河地方>
岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

岐阜県
岐阜市、羽島市、各務原市、瑞穂市、岐南町、笠松町、大垣市、神戸町、輪之内町、安八町、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市

三重県
桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市

相続相談対応エリア関東地区

東京都(23区)
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区

東京都(多摩地域)
西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、東村山市、国分寺市、府中市、稲城市、東大和市、立川市、国立市、多摩市、町田市、日野市、昭島市、武蔵村山市、福生市、八王子市、羽村市、青梅市、あきる野市、瑞穂町、日の出町

神奈川県
川崎市、横浜市、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、三浦市、大和市、綾瀬市、藤沢市、座間市、海老名市、寒川町、茅ヶ崎市、相模原市、愛川町、厚木市、伊勢原市、平塚市、

埼玉県
さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、所沢市、入間市、狭山市、川越市

千葉県
浦安市、市川市、松戸市、流山市、野田市、船橋市、鎌ヶ谷市、柏市、我孫子市、白井市、八千代市、習志野市、八千代市、印西市、千葉市、四街道市、佐倉市、市原市、袖ケ浦市、木更津市、八街市、酒々井町、成田市、栄町、富里市